アダルトチルドレン克服


講師:EY mental Lab 代表 結城恵美(ゆうき えみ)

アダルトチルドレンの生きづらさから抜け出すためにやるべきことはたくさんあります。

 ありのままの自分を認める
 自分の「考え方」や「感じ方」を変化させる
 自分のことを徹底的に研究する
 長年に渡って身についた「自分の生きづらい行動パターン」に気づいて変えていく

などなど

嘘はつけないので「これだけやっていれば大丈夫」とは言えません。

一つ一つ地道に生きづらさの元となる「行動・思考パターン」「感じ方」を変化させていく必要があります。

今回の特典ではその中の1つ

べき論の生きづらさから抜け出す方法

をPDFでお伝えしています。

<特典>
べき論の生きづらさから抜け出す4つのステップ(PDF)

アダルトチルドレンの生きづらさの要因のひとつに「べき論」に囚われすぎているということが挙げられます。

そしてその「べき論」の数が多く、「○○でなければならない」という思いが強すぎれば強すぎるほど生きづらさも強くなります。

「べき論」への囚われから抜け出して、生きづらさから楽になっていきましょう。

この特典には「ワークシート」がついているので、ステップを読み進めながら自分のケースを書き出してみてください。

書き出していくことによって漠然としていた自分の生きづらさの原因がわかり、次にどういう行動をとればいいかがわかってきますよ。

※特典はLINE追加後すぐに受け取っていただけます

 摂食障害、うつ病を発症し30年苦しんだ私がどうやって回復したか

 私の回復経験とクライアントさんとのセッションを通してわかったこと

 ACの生きづらさから回復しない人の落とし穴

 回復の方向性の重要性

 ACで生きづらさを感じている人の行動パターン

 ACの生きづらさから回復するのに絶対必要な3つのもの

 ACの生きづらさから抜け出す方法

はじめまして、
EY mental Lab 代表
心理カウンセラー
結城恵美です。

私自身アダルトチルドレンで、19歳で摂食障害を発症し、29歳から寝たきりの重いうつ病になり
30年に渡ってACの生きづらさに苦しみました。

生きづらさから抜け出すために、藁をもすがる思いで様々なことを試しました。

必死になっていろいろ努力したのですが、どれも結果が出ずにさらに状態が悪化。

何度も諦めそうになりながらも、自分自身で人体実験しつつ回復の作業をすることで、今は日々幸せを感じて生きています。

自分自身が生きづらさから抜け出した際の経験や、カウンセラーとしてクライアントさんと日々接していく中で「どうすればACの生きづらさから抜け出せるか」というのを確立しました。

今回の動画では「ACの生きづらさから抜け出す」ために根本的に知っておいてほしい情報を惜しみなくお伝えしています。

人に嫌われるのが怖い

✅ 自己肯定感が低い

✅ 自分と他人を比べて落ち込んでしまう

いつも自分を責めてしまう

✅ 自分のことが嫌い

✅ 自分に自信が持てない

✅ 他人の目が気になる

マイナス感情に飲み込まれてしまう

✅ 自分で決断ができない(優柔不断だ)

✅ 失敗が怖くてチャレンジできない

✅ 他人の求める自分を演じてしまう

断ることができない

✅ 不眠や身体の痛みなど不快な身体症状が出ている

✅ 人間関係が長続きしない

●「今まで自分のやっていたことが回復と真逆のことをやっていたと気付かされた」

●「自分が生きづらい理由がわかった」

●「今まで色々努力してきたのにどうして楽になれないのかがわかった」

●「生きづらさから抜け出すのに必要なことがわかって将来への希望が持てた」

●「今すぐできるところから実践して人生楽しみたい」

実際にお伝えした方法を実践された方から、
生きづらさが楽になったと嬉しい声をいただいています。

 仕事依存から脱却できた

 職場の人間関係が良くなった

 自分が「大嫌い」だったのが、どんな自分も認められるようになった

 付き合うたびにパートナーとケンカばかりしていたのが、自分の心が安定して穏やかに日常を楽しめるようになった

 不倫の問題から立ち直り素敵な男性と結婚できた

 うつ病や身体の激しい痛みから解放された

 摂食障害で食べ吐きを繰り返していたが、症状から解放され食事を楽しめるようになった

 自分の在り方が変わったことで人間関係が良くなり、さらに子供の学校での暴力問題が解消されて今は楽しく登校している

 「自分には無理だ」といつも諦めていたのが、新しいことにチャレンジできるようになった

今なら動画視聴は「無料」です。

自分がなんでこんなに生きづらいのか知りたい

生きづらさからなんとか抜け出したい

こんな要望が多いため、

アダルトチルドレンの生きづらさから抜け出す方法

というテーマの動画講義を公開します。

通常は、無料で公開することはありません。

しかし今回は、今苦しんでる方に希望を持ってもらいたいので、動画視聴は、無料です。

無料ですが、実践すれば結果が出る、価値ある内容を公開します。

動画を視聴後にすぐにもらえる特典もあるので、今すぐタップしてLINEで友達追加をしてください。


結城 恵美
EY mental Lab 代表
心理カウンセラー

私、結城恵美は両親との関係不和」などにより
大学生の時19歳で摂食障害を発症しました。

今思うと特に父親にコントロールされ
「お父さんの言うことが絶対」
「お父さんを助けること、期待に応えることが自分の人生」
などと自分の幸せへの価値観を勘違いしていたことが原因でした。

それが分からず、更に状態が悪化し
21歳で大学病院の精神科に入院することに。

父親からの「スポーツ万能」「学業優秀」であってほしいという期待に応え続け、
近所からも「お宅のお嬢さんはすごいですねー」と言われ続けていました。

それにもかかわらず、精神科に入院した途端に家族中から

「恵美はおかしくなった」
「期待を裏切った」

といった「優秀でない人間は家族ではない」という扱いを受けるようになりました。

世の中の10代後半から20代女性は、
バブル景気のあおりもあり派手な格好で楽しそうに世の中を謳歌している時代。

なのに私は過食嘔吐を繰り返し
「私は何をしているのか?」
「何故?」
と分からないまま時間だけが過ぎていきます。

スポーツで鍛えた体力と必死に勉強してきた理解度の高さでなんとか大学を卒業し、
神戸大学の助手として働くことができました。

その間も、「摂食障害」と「うつ」が続き
仕事は完璧でしっかりやらなければならない価値観でやり続けてきてしまいました。

数多くのカウンセリングなど、
藁をもすがる思いで治ると聞いたもの
(アロマ・コーチング・宗教・神社仏閣など)
全部手を出すも改善はみられず、
状態は悪化の一途
をたどっていきます。

27歳のときに結婚しましたが、
29歳の時に病気が「非常に重たいうつ病」に移行してしまいました。

その後、10年弱は町の小さな精神科だけが自分の居場所となりました。

病状の改善を得ないまま飛び降りたり、
薬を大量に飲んだり
自殺未遂を繰り返しました。

しかし、
その精神科で出会ったカウンセラーの導きでやっと軌道修正ができ、
今は仲間にも恵まれ、両親とも和解して
日々幸せを感じながら生きております。


※写真撮影時のみマスクを外しております

回復過程やカウンセラーとして活動し始めてからも
心理学や、NLPやコーチング、瞑想、マインドフルネスなどを学び、
数年前には最小の知識で最大限の結果が出せるオリジナルメソッドを開発しました。

そして2度の精神疾患の経験を活かし、
これまでに沢山の方々の生きづらさに対峙し
アドバイス
をさせていただきました。

うつ病や摂食障害に関しては、
取り組んでいただいた人は全て回復し、
徐々にリバウンドの幅が狭くなりながら成長し続けています。

「心の在り方が人間関係に及ぼす影響」の研究を日々愚直に続け、
世の中の人々がどのような感情感覚や思考、価値観を持って
その行動に移したのかを瞬時に掴むことができることで
クライアントさんの問題解決のお手伝いをしております。

「人間関係を良くしたければ、まずセルフケア(自分繋がり)をすること」が持論で、
常に数十人のカウンセリングに対応し
クライアントさんや仲間のカウンセラーと共に前進させていただいております。

今苦しんでいる方には
この「ACの生きづらさを通過点」にして
もっともっと幸せな人生を送ってほしい!

みなさんは
そうなれるだけの力を持っているダイヤの原石なんだ!
本気で思っています。

そんな思いを持ちながら、
無料の動画講義をお送りしています。




提供サービス

 WEBセミナー動画(無料)
 体験カウンセリング
(公式LINE登録者は期間限定料金)
 LINEオープンチャット(無料

 YouTube(無料)
 ジャニハピ セルフハピネスコース
(悩んでいる当事者向け)
 ジャニハピ OTC養成コース
(カウンセラー向け)

EY mental Lab 在籍カウンセラー

真・幸せになる方法誕生物語を漫画で